うつ病対策方法とは

システム開発の仕事では、システムエンジニアはシステム設計を主に担当します。この仕事では、課題に対していかにコンピューターで処理することができるかを設計しなければなりません。しかしコンピューターのシステム開発の仕事には明確な答えが無く、こだわり続けると精神的負担が大きいです。さらに、仕事の忙しさが相乗的な作用を示し、うつ病になりやすい傾向にあります。

精神的な疾患にならないために、システムエンジニアに求められるスキルとしては、割り切りの良さが大切です。人間にはできることとできないことがあるのは明確です。無理に出来ないことにこだわっていると、精神的な負担が増大するのです。できないことはできないと割り切って、できる事に集中して問題に取り組んでみれば、意外とうまく問題は解決することができることがあります。割り切りのいいシステム開発のエンジニアは、職場で頼りになります。こうした割り切りの良さのスキルは、システム開発の仕事の経験を積み重ねるほどに高めていくことができます。

システム開発の経験を経ていくと、どの要素が実現可能であり、一方でどうしても不可能である場合や、効率が非常に悪い要素が理解できるようになります。ベテランのシステムエンジニアがいれば、システム開発の仕事で割り切りの良さを発揮して、開発はスムーズに行くでしょう。まだシステム開発の仕事で経験が浅いうちは、ベテランのエンジニアに重要な判断を委ねることで、うつ病にかかる可能性は抑えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031